薄毛 男性ホルモン

男性ホルモンと薄毛の関係

薄毛の原因は男性ホルモン

薄毛に悩む

薄毛で悩んでいる人は、男性ホルモンの分泌量が多いと言われています。

 

男性であれば男性ホルモンの分泌量が多いのは当然ですが、分泌量が過剰すぎるのが薄毛や抜け毛の原因となっています。

 

男性ホルモンの約95%を占めるのがテストテロンです。

 

テストテロン自体には髪を太くする効果もあるのですが、テストテロンが5-aリダクターゼと結合してしまうとジヒドロテストステロンという抜け毛や薄毛を引き起こすホルモンへと変化してしまうのです。

 

このジヒドロテストステロンが毛乳頭細胞の受容体と結合してしまうと、髪の毛を作るために行われている細胞分裂の回数が減ってしまいます。

 

毛乳頭細胞の役割は新しい髪を生やすためのシグナルを出すことなのですが、ジヒドロテストステロンが受容体と結合してしまうことでそのシグナルを出せなくなってしまうのです。

 

男性の薄毛の症状が頭頂部や前頭部に多く見られるのも、この部分に5-aリダクターゼが多く分布しているからです。
そのため、育毛のためには5-aリダクターゼを阻害して、テストテロンがジヒドロテストステロンに変化することを防ぐ効果のある育毛剤やサプリメントなどを使うことが効果的だと言われているのです。

 

また、男性ホルモンは皮脂の分泌量を増やす効果もあり、それは頭皮も例外ではありません。

 

皮脂自体は頭皮へのダメージを減らしてくれるもののため重要なのですが、皮脂の分泌量が増えすぎると毛穴がふさがれてしまい酸素が毛穴の奥にまで届かなくなってしまいます。

 

人間の細胞にも酸素が必要なのですが、皮脂のせいで必要な酸素が届きにくくなってしまい、現在ある髪の毛やこれから生えてこようとしている髪の毛にダメージを与えてしまうのです。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ