AGA 飲酒

AGAと飲酒の関係

飲酒とAGAのリスク

AGAは、髪の毛が細くなったり血管の収縮や血流量の低下に伴い、頭皮にダメージを与える事で症状は悪化します。
普段からお酒を飲む人は、AGAが進行するリスクが高いと言われており、また普通のAGA患者の方より早い段階で進んでしまう可能性があります。

 

しかし、お酒は適量を守れば予防出来る可能性もあるので、AGAの初期にこそ飲酒の量を見直す事が大切です。
お酒は、適量であれば血管拡張作用が発揮されるので、薄毛やAGAが気になっている人にとって味方になります。

 

ただ、ここで注意してほしいのがお酒の飲み過ぎです。飲み過ぎは、肝臓に負担をかけたり髪に必要な栄養が内臓の回復に使われるので、お酒の飲み過ぎはAGAの進行を一直線に繋げてしまうので気を付けましょう。

 

また、お酒は基本的に内臓に負担をかけて酔う状態を楽しんだりするものですが、飲酒の基本の量を守れば様々な問題を予防しつつお酒を楽しむ事が出来るのです。

 

内臓の損傷は将来、何かの病気に発展したり、貴重な栄養を失って問題が発生し易くなる切っ掛けになります。
つまり、過度な飲酒は身体にとって害にしかならないので、AGAそして薄毛の予防や病気を考えるのであれば、必ず適量を守り身体に負担がかからない程度で楽しく飲みましょう。

 

髪の毛というのは本来、身体で使われなかった栄養が回される部分なので、日常的に偏った食事などによって栄養不足が発生していれば、簡単に薄毛やAGAの症状は進んでしまいます。

 

お酒のアルコールは、濃度に応じて内臓の負担は高まり度数が高い程、頭髪にもダメージが入るので低い濃度の銘柄に留めておく事が問題発生の予防に役立ちます。

 

また、アルコールの飲み過ぎは頭髪の抜け毛を招いたり症状の急激な進行リスクを高めるので、酔っぱらわない程度に日頃から飲む量を心掛けて予防する事がなにより重要になります。

ホーム RSS購読 サイトマップ